トピックス

  • 文科省・科研費 新学術領域 「シンギュラリティ生物学」 (領域代表者:永井 健治) が採択されました(2018年9月11日掲載)。
  • 日本薬学会 第138回年会において中雄一郎(学部6年)が優秀発表賞(口頭発表)を受賞しました(2018年4月13日)。
  • 竹内修斗(学部4年)が平成29年度大阪大学薬学部 卒業研究発表会にて 薬友会賞(スタートアップ賞)を受賞しました(2018年3月22日)。
  • 山本果奈(学部4年)が平成29年度大阪大学薬学部 卒業研究発表会にて 薬友会賞(スタートアップ賞)を受賞しました(2018年3月22日)。
  • 吾郷由希夫助教が2017年度 日本薬理学会 Journal of Pharmacological Sciences誌 優秀査読者賞を受賞しました(2018年3月10日)。
  • 第60回日本神経化学会大会において樋口桃子(博士前期課程2年)がPoster Award in JSN2017 meetingを受賞しました。
  • 次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム2017において馬場優志(学部5年)が優秀ポスター発表賞を受賞しました。
  • 勢力薫(博士課程4年、現・未来戦略機構特任助教)、笠井淳司(助教)らの論文がNeuron (IF:14.024)で出版され(2017/06/22)、日刊工業新聞、読売新聞、大阪大学HP日本医療研究開発機構(AMED) HP等に掲載されました。
  • 第90回日本薬理学会年会において、勢力薫(博士課程4年)が年会優秀発表賞を受賞しました。
  • 勢力薫(博士課程4年)が2016年度 大阪大学薬友会賞を受賞しました。
  • 次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウムにおいて、松村憲佑(博士課程1年)が2016 Young Investigator Awardを受賞しました。
  • 第30回国際神経精神薬理学会(CINP)世界大会において、吾郷由希夫助教がJSNP EXcellent Presentation Award for CINP 2016を受賞しました。
  • 星薬科大学先端生命科学研究所・塩田清二先生との共同研究の論文がNature Communicationsに掲載されました(2016/06/27)。
  • 第13回GPCR研究会(2016/5/13)において、吾郷由希夫助教が第1回松尾研究奨励賞を受賞しました。
  • 中澤 敬信 特任准教授、橋本均 教授の論文がNature Communicationsに掲載されました(2016/02/03)。産経新聞日本経済新聞毎日新聞等に記事が掲載されました。
  • 松村憲佑(学部6年)が大阪大学薬友会賞若手奨励賞を受賞しました(2016/03)
  • 大阪大学大学院工学研究科・藤田克昌先生との共同研究の論文がNature Communicationsに掲載されました(2015/12/02)。
  • 次世代を担う創薬・医療シンポジウム2015(2015/8/28 東京)において、丹生光咲(博士課程前期1年)が最優秀発表賞を受賞しました(2015/8/28)。
  • 中澤 敬信 特任准教授が 平成27年度 大阪大学総長奨励賞を受賞しました(2015/7/14)。
  • 平成26年度包括脳ネットワーク 冬のシンポジウム(2014/12/11-13 東京都)において、笠井淳司助教が若手優秀発表賞を受賞しました(2014/12/12)。
  • 頭脳循環を加速する戦略的国際研究ネットワーク推進プログラムへの提案課題「酸化ストレス仮説に基づく新規精神疾患創薬のための国際共同研究」が採択されました (2014/10/01)。
  • 新谷 紀人 准教授が平成25年度 日本薬学会薬理系薬学部会 奨励賞を受賞しました(2014/8/29)。
  • 次世代を担う 創薬・医療薬理シンポジウム2014 (日本薬学会主催)が2015/8/30に近畿大学・東大阪キャンパスで開催されました。多数のご参加ありがとうございました。
  • 新谷 紀人 准教授、中澤 敬信 特任准教授、 早田 敦子 助教、笠井 淳司 特任助教が 平成26年度 大阪大学総長奨励賞を受賞しました(2014/7/8)。
  • 羽場 亮太君らの論文がJournal of Neuroscienceにアクセプトになりました。BioMedサーカス.comで日本語の解説を公開しています(2014/1/8)。
  • 橋本 均 教授が、アメリカ神経精神薬理学会(American College of Neuropsychopharmacology; ACNP http://www.acnp.org/)のメンバーシップを獲得しました(2013/12/12)。
  • 中澤 敬信 特任准教授が、東大医学部(狩野 方伸 研)から着任しました(2013/9/1)。
  • 永安 一樹 特任助教(iPS脳神経毒性プロジェクト)が金子 周司教授(京都大・薬)のラボから着任しました(2013/6/1)。
  • 薬学研究科・附属創薬センターのユニットの一つとして、iPS脳神経毒性プロジェクトが設置されました(2013/4/1)。
連絡先
〒565-0871
大阪府吹田市山田丘1-6
大阪大学大学院薬学研究科
神経薬理学分野
教授 橋本 均
TEL:06-6879-8180
FAX:06-6879-8182